感謝人

『株式会社Beans Bitou 代表取締役 尾藤雅士』

nagoya-area

nagoya-area


プロフィール

会社名

株式会社Beans Bitou

役職 代表取締役
本社

名古屋市中村区名駅3-17-33

設立

2011年

業種

喫茶神戸館運営

喫茶店・カフェプロデュース

自家焙煎珈琲豆販売

URL

http://b-bitou.com

 
名前

尾藤 雅士 (びとう まさし)

出身地 愛知県日進市
最終学歴

大学中退

テレビタレントセンター(TTC)卒業

生年月日

1979年8月12日

こだわり
趣味 バンド活動
座右の銘 親孝行

尊敬する人

会社の強み

家族愛

経営とは?

生きること
 

 ■幼少期~青年期

 学生時代は学級委員や生徒会、プライベートではプロ野球選手を目指し、少年野球チームでは副キャプテンを務めるなど、活発でした。家でゲームをして遊ぶよりも、外で遊ぶことのほうが圧倒的に多かったですね。中学生時代にはギター演奏に熱中し、バンド活動は今でも続けています。

■起業もしくは社長就任のきっかけ

父が創業し、母が守ってきた喫茶店「ポピー」を継ぐことがきっかけです。幼いころから喫茶店、珈琲に関わっていたことから、産地、焙煎、店舗運営、豆の卸などどこまでこだわることができるのかという気持ちがあったからこそ、移転に伴い名前は神戸館に変わりましたが、継ぐことを決意できたのだと思います。

■社長就任以降、苦労した事、心に残るエピソード

母との関係がハッキリしたことです。現在も混み合う時間帯など、手伝ってくれてはいますが、基本的には妻と二人三脚です。自分の思いをスタッフにも伝えることで、見たことがない「ポピー」を再現するために一生懸命になってくれることには、心から嬉しく感じています。

■感謝と聞いて思い浮かぶエピソードや人物像をお聞かせ下さい

父、母、妻、スタッフ、友人、お客さまなど、言い出したらキリがありません。ただ、亡き父のポピーを守り続け、女手一つで育ててくれた母がいたからこそ「現在(いま)」があることを考えれば、母には言葉では表せない気持ちがあります。

■今後の目標

喫茶店の良いところは、自宅のような落ち着いた雰囲気があるところで、スタッフとお客さまの距離が近いことです。それは会社も同じで「家族」と呼べる「会社」作りを心がけ、完全にトレーサビリティの取れる商品(豆)作りをしていきたい。